アピール

JoséAraujodeSouza

ほら、私はあなたが必要です
私の夜は寒くて悲しいので
落ちたバラのように、色もなく、香水もなく、生命もなく。
私には、あなたが必要です
私の世界に住むために、
私の夢の中で私と一緒に歩く
そして私のステップを導きます。
私が呼吸する空気と私が愛する愛になるために、
私がまだ愛を持っていることが許されているなら。
私には、あなたが必要です
私があなたの手を私の中に取ることができるように
風を感じながらぶらぶら歩いて
賛美歌を鳴らす鳥の歌
私たちが決して忘れないこと。
愛することが理にかなっていると感じることができるように。
ほら、私はあなたが必要です
私の最も美しい夢を生きるために。
体から遠く離れていても
あなたの存在の暖かさを感じます
落ち着きます。
あなたの目からでも私は大好きです
彼らが私を見て、愛して、あなたの声が聞こえる
そっと話す人、怖い、
そして、私はあなただけを聞きます。
ほら、私はあなたがとても必要です、
もし私があなたなら、
私を残さないだろう
決して、
一人で。

Deixe um comentário

Preencha os seus dados abaixo ou clique em um ícone para log in:

Logotipo do WordPress.com

Você está comentando utilizando sua conta WordPress.com. Sair /  Alterar )

Foto do Google

Você está comentando utilizando sua conta Google. Sair /  Alterar )

Imagem do Twitter

Você está comentando utilizando sua conta Twitter. Sair /  Alterar )

Foto do Facebook

Você está comentando utilizando sua conta Facebook. Sair /  Alterar )

Conectando a %s