MUTUMを思い出して

JoséAraujodeSouza

私のホームシックは、緑の匂いがする低甘美な草の牧草地を疾走するベイホースに連れて行ってくれます。風に翻弄されたたてがみで疾走している間、湾は何百もの鳥を怖がらせます。小さな星や小さな首輪、そして半分失われた野原からの美しい羽のタカでさえ、メロンが赤く揺れるとげのあるワイヤーフェンスに腰掛けています。風。私のホームシックは私の湾であり、サンゴサビアが歌い、私がいる場所のすぐ近くでごちそうをしている背景で、ブドウの木からジャブティカバオレンジ、アボカド、グアバ、ブドウを収穫できる農場の果樹園に連れて行ってくれます。私の憧れは、杖がモラセスになって茶色の砂糖に変わった蒸留所の蒸気に私を連れて行きます。それは以前はすでに暖かいブランデーでしたが、アルミニウムカップで小さなストロークで飲む口の喉で火が灯ります。私の憧れはあなたの手を取りたいと思うので、あなたは私と一緒にそこに行き、私が泳いだり飛び込んだりしたくなかったほど深い堰で巨大な裏切りを釣ります。白い木の床にある白い木の床にある家のすべての部屋を私と一緒に歩いたり、家の底にある穀倉に降りたり、寒い夜には巨大なストーブの広くておいしい端に座ってください。見苦しい逸話を語ったり、彼が持っている古いギターを不気味なリズムで演奏するのを聞いたり、部屋の壁に愛情を込めて私たちがそこに行ったときにだけ取り出すための薪。私の憧れはとても素晴らしくてリアルなので、あなたが私と手をつないで歩いているのを見ることができてとても幸せなので、一度だけあなたと一緒にそこに戻るのがどれほど良いかを考えていました。

Deixe um comentário

Preencha os seus dados abaixo ou clique em um ícone para log in:

Logotipo do WordPress.com

Você está comentando utilizando sua conta WordPress.com. Sair /  Alterar )

Foto do Google

Você está comentando utilizando sua conta Google. Sair /  Alterar )

Imagem do Twitter

Você está comentando utilizando sua conta Twitter. Sair /  Alterar )

Foto do Facebook

Você está comentando utilizando sua conta Facebook. Sair /  Alterar )

Conectando a %s