単語

ガブリエラミストラル

喉に一言あります
そして私は彼女を手放さない、私は彼女を追い払わない
すべての血を押しても
私が彼女を解放した場合、私は牧草地を燃やすでしょう、
子羊の出血、鳥が落ちるでしょう。

私はこの言語からそれを緩めなければなりません、
ビーバーの穴を見つけて、
ライムとモルタルで埋める
それが魂としての飛行を維持しないように。

生きている兆候を見せたくない
私の血を循環しながら
そして私の狂った息で上下します。
父のヨブは燃えていると言ったが、
私はあなたに私の貧しい口を与えたくない
女性が彼女を見つけないように
川に行く人は、彼らの三つ編みに執着します
または貧しい下草に巻き込まれます。

私があなたに投げる暴力的な種、
ある夜が彼女を覆って溺れるように
音節の痕跡を残さずに。
または毒蛇のようにそのようにそれを破壊する
歯の間で2つの部分に分かれます。

そして家に帰って、入って、寝て、
すでに分離されており、それとは別に、
そして二千日後に目を覚ます、
眠りと忘却の中で生まれたばかり。

知らずに、ああ!、私が言葉を持っていたこと
唇の間のヨウ素とアルムでできて、
ある夜を思い出せない、
外国の住所から、
ドアの罠や稲妻の
あなたの魂なしで歩く私の肉。

-ガブリエラミストラル、本「ラガー」から-「アンソロジー詩的なガブリエラミストラル」。 [Fernando Pinto do Amaralによるsel。、trad。、およびpresentation]。リスボン:編集テオレマ、2002年。

Deixe um comentário

Preencha os seus dados abaixo ou clique em um ícone para log in:

Logotipo do WordPress.com

Você está comentando utilizando sua conta WordPress.com. Sair /  Alterar )

Foto do Google

Você está comentando utilizando sua conta Google. Sair /  Alterar )

Imagem do Twitter

Você está comentando utilizando sua conta Twitter. Sair /  Alterar )

Foto do Facebook

Você está comentando utilizando sua conta Facebook. Sair /  Alterar )

Conectando a %s