悟り



アンドレ・ヘロン・カルヴァリョ・ドス・レイス

寒い、外は雨が降る。私は居心地の良いだけでなく暖かいベッドにもたれかかっています。しかし、雨は私の窓を優しくノックすることを主張します。それが十分でなければ、それは夜です、
そして、悲鳴を上げる沈黙がある人々、耳をつんざくような人々の夜、そこから避けられないもの。そして、非常に穏やかに、私は恋しいです:不足。それは夜が常に誰かの必要性をもたらすということです、それ自体が必要性そのものです:何かを照らすために。そして、魂に触れて侵入するその冷たさの糸によるそのすべての暗闇、その同じ寒さは、満たされていないか満たされていないもの、不足を抑制する何かの必要性があることを私に思い出させます。
一晩が何であるかわかりません。特に大雨による寒さを伴う場合。
しかし、確かなことは、それが常に何かをもたらすということです。記憶、感情、香り、夢。またはそれが存在するという完全な確実性、そしてそれは私たちが完全に存在できるように存在します。ですから、その瞬間に鏡を見るのは罪ではありません。私たちが見慣れていた形の寸法を見ないようにし、私たちを打ちのめす曲線を偶像化することです。鏡を見て、私たちを満たし、突然魂に侵入するものに直面するために、その不足、必要性を探してみませんか?
私はそっと手を彼に向けて上げます。その鏡は私が尋ね、私に物事を言うのを恥ずかしがりますが、彼は私から顔を隠さず、逃げることができず、反射を否定することができません。風が吹いて、外に出ている強さを告げます。それは暗闇であり、沈黙であり、水であり、そしてそれらすべてが私の中にあります。そして、ホラー!何も欠けていません!突然欠けているものはありません。なぜ私はその叱責のイメージを見て、異常な強さと明快さを表現しているのですか?しかし、それは存在しません。それが存在しない形を超えて、それは私と鏡の中の私だけです。
しかし、私たちは見ます、私たちはいつも見ます、そして私たちが見ればそれは私たちが私たちの目の向こうに見たいからです。とんでもないことに触れて、いきなり夢は可能だと思いたい。そして、再び、彼女、不足は、その寒い夜に触れることをあえてするすべての人の心と心の中で貪欲で空腹です。手で刺繍されたフェルトチェアに座って、とても熱くて泡立つものを一杯用意し、
暖炉、そして私はテーブルの上に同じカップを置くだけで、私の暖炉の炎をとても美しく消費するその炎がどのように燃えるのか誰にも見られませんでした。
誰かと共有できずに美しいものを見るのは耐えられません。寒さの反対側は、私たちが熱を発生させるためにあらゆることをするということです。そして、私たちは火の魔法に身を任せます。私たちは暖炉に火をつけ、飲み物を温め、最もパッドの入ったアームチェアに座ります。私たちはそこに座って、それがどのように消費され、どのように色の範囲に到達するかを単に見ることに屈服し、私たちは見ます。
問題は、鏡とは異なり、火が話すことです。人はそれを見て、突然火に身をゆだね、そしてそれが最も知覚されないとき、心はどこにでも滑ります。過ぎ去った日、聞こえてきた音、そしてそれがまだ消費されている、消費している…
はい、私たちが持っている確実性は、その炎のほかに、何かが私たちの中で消費するということです。寒さ、沈黙、暗闇にもかかわらず、私たちは常に、たとえ薬がなくても、私たちの中で何かを消費して傷つけることを主張します。たぶん、この発見は私たちにどれだけのことを示すでしょう
部屋の中の鏡や炎の形を具体化する必要があります。
今それは点灯しています…
愛。

Deixe um comentário

Preencha os seus dados abaixo ou clique em um ícone para log in:

Logotipo do WordPress.com

Você está comentando utilizando sua conta WordPress.com. Sair /  Alterar )

Foto do Google

Você está comentando utilizando sua conta Google. Sair /  Alterar )

Imagem do Twitter

Você está comentando utilizando sua conta Twitter. Sair /  Alterar )

Foto do Facebook

Você está comentando utilizando sua conta Facebook. Sair /  Alterar )

Conectando a %s