エッジ


ジェシカ・デ・ソウザ・カルネイロ
私は、神は虐待の父であるというフロイトの考えに反論します。
この信念は分離し、解き放ち、恐怖、限界をもたらします。私の神は3つの要素で構成されています。最初のものは愛です。もう1つは優しさです。次に、自然。
私にとって、信仰を持つことは、世界中を歩き回り、深淵を知り、倒れないことです…他の人の傷を傷つけたり、自分自身を傷つけたりしないことです。
私は何も文句を言うべきではありません。私は自分自身にふさわしく、達成したことを達成するためにやらなければなりません…地球に植えたものを刈り取り、自分のメリットで、空で太陽に到達しようとしますが、罰する太陽ではなく、報われる太陽です。
人々はこれを疑っていますが、彼らははるかにぼやけたぼやけたビジョンを盲目的に信じています。
彼らは、絶対的な真実の不変によって、潮流に夢中になり、
挑戦されない正気の安全のために。
いつか私が神であるこの愛に腹を立てることができたら…私は
端から逃げる光の色、目の周りの色、今の私の明晰さの色のように、すべてが白く見えます。

CARNEIRO、J.S.。エッジ。で:Proex / UFPAカルチャーサポート総局。 (組織)。 II Proex / UFPA文学アンソロジーポエシア、クロニクル、テイルズ賞。 22ed.b:UFPA、2011、v。 2、p。 77

Deixe um comentário

Preencha os seus dados abaixo ou clique em um ícone para log in:

Logotipo do WordPress.com

Você está comentando utilizando sua conta WordPress.com. Sair /  Alterar )

Foto do Google

Você está comentando utilizando sua conta Google. Sair /  Alterar )

Imagem do Twitter

Você está comentando utilizando sua conta Twitter. Sair /  Alterar )

Foto do Facebook

Você está comentando utilizando sua conta Facebook. Sair /  Alterar )

Conectando a %s