悲惨とその永遠の帰還



ジャミール・サントス・ラーゴ

私が4歳か5歳の頃、集団の窓から接着剤を嗅ぎ、バス停の屋根の上に横たわっている少年に気づきました。衝撃的でした。約2年前、または覚えていません。集団の窓からカートに乗っている男性とティーンエイジャーを見たとき、最年少の人が接着剤を嗅いでいました。
入試の準備をしていたその年、私と同じ年齢のティーンエイジャーがバスにチョコレートを売っていました。私が毎日クラスに行くと、同じ場所に座っている同じ障害者に怖くなります
巨大な街並みの一角。彼は物乞いをしています。その男は恐ろしいです、その状況は恐ろしいです。大学のバス停には、常に「クレイジー」または忘れ去られたものがあり、驚くべき美学で忘れられています。
いつもの運転の窓から、クラスに行く途中で、離れた街を考えます。それは放棄されたようですが、人口が多く、身体、思考、労働者、希望、夢、そして子供です。多くの子供たちがいる、そして私はいくつかが都市の中心をさまよっている、ブーツを照らしている、フロントガラスを掃除している、ジャグリングしていると信じている。
私はいつも、最も参考になる近所をさまよう男の子に出くわしました。声が荒く、サイズが大きいだけでなく、時間によっても拡張された衣装であり、その衣装は、その少年の人生の生命の匂いをもたらす、塵によって暗くされた密集した内在の歴史を持つ必要があります。彼の目は真っ赤でしたが、彼のビジョンは涙でいっぱいではありませんでした。それで、彼らは憎しみで赤くなりますか?最も可能性が高い:いくつかの麻薬。そのような少年は疲れ果てて薬を飲まなければならない。
彼は急いで、たくさん走って、店の警備員の後ろに行きました。若い男はシャツの襟、「小さな泥棒!」に引っ張られました。
彼は金のコードを盗んだ。犠牲者は彼の首をこすり、痛みから、おそらく反乱を起こして泣いたでしょう。その少年は「おじさん、私じゃない」と必死に泣いていた。
創意工夫を凝らし、人生をよく知っている子供は「おじさん、私じゃなかった」と必死に泣きました。
人生は私たちに嘘をつくことを教えていますか…それとも、私たちがすでに生まれた遺産を嘘をついていますか?しかし、男の子はベビーベッドを持っていましたか?疑問に思う。
人々と意見:「両親、それらを石で打つ」、「国家、犯人」、人々と意見:循環。そして、これは驚くべきことです。なぜなら、私はいつも繰り返しが逆説的に通路と絡み合っていること、老化、古いものの衰退、新聞のページにカタログ化された死の開花が見られるからです。物事は通過し、本質
それは残り、平凡な本質、審美的に恐ろしくて臭いですが、熟考に値するもので、決して終わらないように見える終わりに向かって静的に動きます。

Deixe um comentário

Preencha os seus dados abaixo ou clique em um ícone para log in:

Logotipo do WordPress.com

Você está comentando utilizando sua conta WordPress.com. Sair /  Alterar )

Foto do Google

Você está comentando utilizando sua conta Google. Sair /  Alterar )

Imagem do Twitter

Você está comentando utilizando sua conta Twitter. Sair /  Alterar )

Foto do Facebook

Você está comentando utilizando sua conta Facebook. Sair /  Alterar )

Conectando a %s